アイワ広告の飲食店看板専門サイト

アイワ広告

TEL.042-709-0300

header_knowhow

アイワ広告の集客看板・理論とノウハウ

業態見直しでの”リニューアル効果”を最大限に発揮
売上140%アップ!

集客と看板には密接な関わりがあります。「単に看板を設置すればいい」というわけではありません。アイワ広告の集客看板はなぜお客様が増えるのか?そこには、理論とその理論に基づいたノウハウがあるからです。

 

集客数=通行量×通行の質×発見確率×魅力確率×IN誘導確率

 

看板でお客様の増やす基本理論が上記の式です。

この式の中で、発見確率・魅力確率・IN誘導確率を、「集客の3段階確率」と呼んでいます。

これら3つの確率は、どの確率が低くても十分な集客は望めません。動的にお店を選ぶお客様が増えている今日、この3つの確率を最大限にアップする必要があります。

看板を使って集客力を高めようと思うのであれば、考えるべきことは、次の3つである。

発見確率

発見確率 : どうやってお店の存在を知ってもらうのか?

魅力確率

魅力確率 : 存在に気づいた人に、どうやって興味を持ってもらうのか?

IN誘導確率

IN誘導確率 : 「何となく」入店するように、どのように導くのか?

 

つまり、看板の集客効果は次の式で表すことができる。
看板による集客数=店前通行量×通行の質×発見確率×魅力確率×IN誘導確率

上記3つの確率をアップさせることで、新規集客力を高める事が可能だ。

たとえば、看板の改善により、発見確率30%アップ、魅力確率20%アップ、IN誘導確率30%アップを
実現すれば、店前通行量と質が変わらなければ、
発見確率1.3 × 魅力確率1.2 × IN誘導確率1.3 = 2.028
となり、約2倍の集客力を実現できることになる。

看板による集客力は、この3要素の実現レベルで決まるのである。

では、それぞれの確率はどのように高めるのか?

まず、発見確率の向上だが、これは、(1)視認性を高めること、(2)周りの色との差別化を図ること、(3)業態を分かるようにすること等によって実現可能だ。
次に、魅力確率は、(1)目玉商品・おすすめ商品の告知、(2)盛況感の演出、(3)看板の鮮度等の改善によって高める事が可能である。

最後に、IN誘導確率は、(1)店舗入口が分かりやすい、(2)入口までの導線がはっきりしている、(3)安心感や信頼感がある等の条件を満たし、通行人の「何となく」を刺激することによって、改善することが可能である。

看板による集客力向上は、上記3つの要素について、1つ1つ丁寧に検証・改善を行うことによって実現されるのである。

 

アイワ広告では、この考え方を「3段階確率理論」と呼んでおり、コンサルティング・サービスや、集客看板製作によって集客力を向上させる際の基本理論としている。
この考え方に沿って集客力を改善した事例をWEBサイトに多数掲載しているため、そちらも合わせて参照いただきたい。

⇒看板実績紹介

お気軽にお電話・お問い合わせください。 TEL.03-5302-4777

お問い合わせフォームはこちら

目的別リンク

このページのトップへ