アイワ広告の飲食店看板専門サイト

アイワ広告

TEL.042-709-0300

看板実績紹介

業態別集客看板

とりいちず 鷺沼店 様

居酒屋

(左)before
居抜き開業物件。駅から奥まった立地にあるため、ひとめで業態を認知させ、興味を惹きつける外装に出来るかが課題。



(右)After
行燈で導線確保、ライティング。
伊藤若冲が描いた鶏を大きく配置することにより人目を惹きつける。

とりいちず中山店 様

居酒屋


After(右)

商店街の角地を活かしたファサードデザイン。
提灯で営業感を演出。

てぃーだ 様

居酒屋


沖縄料理のお店の看板設置事例です。


before(左)


沖縄民家の造りをイメージした石組みの壁とがっしり感のある木の看板は、沖縄らしさを表現しているのですが、見る人の目に圧迫感を与えます。

そのため、入店に際して「不安感」をお客様に与えてしまいます。

実際、店頭までやってきて入店することなく帰ってしまわれるお客様が、少なからずいました。

その一番の原因は、店内の様子がわからないこと、店内でどのようなサービスを受けられるのかが不明なことにあります。



After(右)

店頭入り口に2台の内照式壁付け看板を設置して、店内の様子と料理の写真を道路に向けて掲出しました。

入口の高さを全面に使っているので、石積み壁による圧迫感を軽減させる効果があります。

さらに、看板には、店内写真と料理の写真を掲出し、このお店で受けられるサービスを通行人に告知することができました。

また、内照式なので、店頭が明るくなり、入店への不安感を払拭することができています。



入店を躊躇する理由として、「店内の様子がわからない」「店頭の暗さ」というのが大きな要因になるのですが、壁全体を使った内照式の看板で、その二つを同時に解消することができます。

竹馬 様

居酒屋

Before(左)

2階にある「串揚げ屋さん」の案件です。

空中店舗ではありますが階段が特徴的な建物のため、入り口は分かりやすいのですが、いまいち「何のお店なのだろう?」という印象を与えてしまっています。

飲食店は「何が食べれるのか」が外側から分からないと、なかなか新規のお客さんの来店が得られないものです。


After(右)
まず業態がわかりづらかったので『串揚げ』を横長の看板で表示しました。 のぼりは少し安っぽさがありましたので、バナーに変更しました。なんとなく「清潔感」もプラスされました。

2F店舗のため、写真を使ってイメージをつきやすくして、階段を上がってもらいやすくなるようにデザインしました。

グリル&バー「SUMINA」 様

居酒屋

Before(左)
ビルの地下にあるグリル&バーです。

店内誘導のため、道路に面した階段入口脇に壁面パネルを設置してあるのですが、そこに掲出した情報が多すぎてごちゃごちゃした印象を与えています。

地下店舗の場合、店内が外から見えないため、通行人は入店に不安感を抱きます。

不安感を抱かせないためには、店内で行われるサービスをはっきりと看板で表現する必要があります。

この壁面パネルでは、その情報が通行人に対して伝わりづらくなっています。

After(右)
壁面パネルのデザインを一新しました。

まず、通行人が一番知りたい(不安に抱く)料理の値段を、大きく出しました。

値段を出す位置にも注意を払っています。

通行人の目線の高さにくるよう、レイアウトを工夫しました。さらに、料理の種類を絞り、ひとつひとつをわかりやすく表示しました。

こうすることで、入店前に抱く不安感が、軽減されるわけです。

2 / 41234

お気軽にお電話・お問い合わせください。 TEL.03-5302-4777

お問い合わせフォームはこちら

目的別リンク

このページのトップへ