アイワ広告の飲食店看板専門サイト

アイワ広告

TEL.042-709-0300

看板実績紹介

業態別集客看板

焼肉ばんばん 様

焼肉

Before(左)
空中店舗の焼肉屋さんです。

空中店舗の場合、通行人からの視認性と看板によるお店の魅力掲出は、必要不可欠です。

また、店内誘導はわかりやすく掲示する必要があります。

After(右)
階段部分にこのようなメッセージ性のある情報を大きくシートで表示することで、階段そのものを告知スペースにすることができます。

また、階段を告知スペースにすることで、店内への誘導を自然に行えます。

IN誘導確率を高めるための演出でもあるのです。

旭鮨 様

和食・寿司

Before(左)
気軽に鮨を食べられるお店なのですが、店頭のたたずまいで高級感を感じさせているので、通行人にとっては、敷居が高いお店になっていました。

After(右)
敷居が高く感じるお店、というのは、大抵、入口に問題があります。

入口が暗かったり、雑然としていたり、あるいは、店内の様子がわからなかったり、サービスの質や内容への不安を抱いたり…このような漠然とした不安感が、お店の敷居を高くする要因となるわけです。

そこで、この案件では、入口上部に内照式のファサードを設置し、入口周辺を明るくすることにしました。これだけでも、通行人のお店に対する不安感は軽減され、入店への動線が作れるのです(IN誘導確率)。

卯どん亭 大宮店 様

和食・寿司

Before(左)
駅前ファッションビル地下1階の飲食店フロアに位置しているため、同じフロアにある店舗はすべてライバル店という環境にあります。

特に、隣接したお店が、全国にチェーン展開している強力店で、通行人の流れは、そちらに向いている状態でした。

そのため、なんとか通行人の関心を惹こうと、店頭に様々な手書きのメニューやpopを貼ってアピールしていましたが、統一感がないため、店頭・入口付近がごちゃごちゃして、お店に対する「魅力」と、店内に誘導する「IN誘導」確率を損なう結果となっていたのです。


After(右)
まず、お店の一押し料理である「名物肉汁あつもりうどん」の写真を、店頭で大きく掲出しました。通行人の目に飛び込んでくる「あつもりうどん」の写真は、それを見る人の五感を直接刺激し、うどんを食べる自分自身というイメージを無意識のうちに心の中で描き出す効果を狙っています。

さらに、店舗の壁一面にうどんをイメージした曲線を入れることで、お店の業態を告知すると同時に、店舗を実際以上に広く見せる効果をつけました。

又、ニーズに合わせたメニューを店頭に置いたA型看板でアピールすることで、お客様のターゲットを広げました。

お菓子のねだち 様

和食・寿司

Before(左)
ロードサイドに位置する「和菓子屋さん」です。

車利用のお客さんに対してのポールサインなどもしっかりとあるのですが、お店の情報を伝える写真などがないため、「殺風景」な印象を与えています。


After(右)
売りである「ケーキどらやき」を写真とともに表示。

シズル感のある写真は、通行人に対し、食欲をそそり、興味を持たせます。

暖簾も文字の色を変えるだけでなんとなくお店の温かみが伝わります。

ポールサインも「和スイーツ」の親しみある書体と色使いで表示することで、車利用の人の目に留まりやすいようにしました。

すっぽん三木 様

和食・寿司

Before(左)
すっぽんとフグ料理の専門店の看板設置事例です。

壁面を大きく使用してお店の告知をしているので目にはつくのですが、寒色のためなんとなく「冷たいイメージ」がお客さんの来店意識を低下させてしまっていそうな印象をうけます。

また看板が古く感じられ、営業感がありません。


After(右)
リニューアル後の写真で一目瞭然です。

営業感を感じられなかった看板(古臭く感じる看板)が、イラストと書体とコピーで、魅力的な看板に仕上がりました。

発見確率的には、通行人の目線に入る袖看板に大きく「すっぽん/ふぐ・釣りたて活魚」と入れることで、一目ここの業態がわかります。

さらに、書体を手書き風の文字にすることで、個人店の印象を与え、イラストで、お店の魅力を伝えています。

また、看板の地の色を暖色系のベージュに変更することで、暖かさや営業感を醸し出すことに成功しました。

⇒よくある質問

お気軽にお電話・お問い合わせください。 TEL.03-5302-4777

お問い合わせフォームはこちら

目的別リンク

このページのトップへ