アイワ広告の飲食店看板専門サイト

アイワ広告

TEL.042-709-0300

看板実績紹介

業態別集客看板

クラブリゾート 様

Bar・Pub

Before(左)
パブの新規開業の案件です。

After(右)
飲食店の新規開店の場合、そこがどんなお店であるか、という業態認知と、具体的な店内サービスの告知、さらに、料金設定などが外からわかるようにすることは、とても大切なことです。

通行人は、外からしかお店を判断できません。外観からの印象でそのお店の印象を決めてしまいます。

もし、店内の様子がわからなければ、通行人は入店への不安感を抱きます。

その不安感を軽減するため、スタンド看板・ドア・道路に面した窓に、詳しい料金体系とサービス品目を掲出することにしました。

つまり、店内への心理的な動線を作ったわけです。

グリル&バー「SUMINA」 様

Bar・Pub

Before(左)
ビルの地下にあるグリル&バーです。

店内誘導のため、道路に面した階段入口脇に壁面パネルを設置してあるのですが、そこに掲出した情報が多すぎてごちゃごちゃした印象を与えています。

地下店舗の場合、店内が外から見えないため、通行人は入店に不安感を抱きます。

不安感を抱かせないためには、店内で行われるサービスをはっきりと看板で表現する必要があります。

この壁面パネルでは、その情報が通行人に対して伝わりづらくなっています。

After(右)
壁面パネルのデザインを一新しました。

まず、通行人が一番知りたい(不安に抱く)料理の値段を、大きく出しました。

値段を出す位置にも注意を払っています。

通行人の目線の高さにくるよう、レイアウトを工夫しました。さらに、料理の種類を絞り、ひとつひとつをわかりやすく表示しました。

こうすることで、入店前に抱く不安感が、軽減されるわけです。

人形町ダイナー 様

Bar・Pub

左がビフォー。右がアフター。人形町にあるワインバル。差別化された業態「樽生ワインバル」をファサードに大きく入れ、メインターゲットとしている女性が入りやすい書体・色彩に変更しました。

トムズバー 様

Bar・Pub

店名をモチーフにした猫のフォルムのロゴが印象的なBAR。通りからの視認性を確保する突き出し看板と、入口上部の看板で、店舗の存在感を高めました。また、矢印誘導によって、地下入店への不安をやわらげています。

アーロン 様

Bar・Pub

左がビフォー。右がアフター。地下店舗のアイリッシュパブ。突き出し看板とユニオンジャックのフラッグを使用し、店舗存在感を高めました。壁面の内照看板に掲出されている魅力的なビールや店内写真が、入店をうながします。

1 / 11

お気軽にお電話・お問い合わせください。 TEL.03-5302-4777

お問い合わせフォームはこちら

目的別リンク

このページのトップへ